こんにちは、音羽ひかたです。


野菜の旬を楽しもうと思ったら、いろんな野菜が目に入ってくるようになりました。

今日、気になったのは「蕾菜(つぼみな)」です。
蕾菜パック
初めて見ました。

これまもスーパーに売っていたけど、見落としていただけなのでしょうか?


調べてみると、その歴史は浅く、2008年頃から出回り始めたようです。

旬は1月下旬~3月中旬となっており、まさしく今が旬!

アブラナ科の野菜なので栄養素も期待できます。

ということで、さっそく購入。

こんな感じの野菜です。
蕾菜


◆気になる栄養素は?
意識しないとなかなかとれない食物繊維は100gあたり4.2g

芽キャベツが5.5gなので、それよりは少ないのですが、野菜の中では多い方だと思います。

また、抗酸化作用のあるβ-カロテンが100gあたり2,200μgも!

芽キャベツの3倍も含まれています。

そのほかのビタミンやミネラルもいい感じに含まれています。

やっぱりアブラナ科の野菜はすごいですね。



◆気になるお味は?
今回は、もやしと一緒にオイスターソースでササッと炒めました。
蕾菜料理

味は、ほどよい苦みと辛みがあり、そのおかげで後味がさっぱりという感じ。

なにより印象的なのは、その歯ごたえ。

炒めたためなのか、まわりがねっとりしているのに、中がシャキシャキ

初めて体験する食感で、妻も子どもたちも病みつきになっていました。


私、そんなに野菜が好きな方ではないのですが、蕾菜はハマりました。

おいしい上に、栄養素も豊富。

旬の期間が短いのが残念ですが、手に入れられる間は楽しみたいと思います。


それではまた。



乳がんランキング