こんにちは、音羽ひかたです。


免疫機能を低下させない生活を実践するぞ!と言ってから2週間以上がたちました。

時がたつのは早いものですね。


その間、忘れることなくきちんと実践するように意識しました。

でも、意識してもなかなか出来ないことがいくつかあるんです。


そのうちの一つが、「ひと口30回くらいかんでゆっくり食べる」
かむ

最初のうちはかむ回数を数えているんですが、そのうち面倒になって数えるのをやめ、気がつくとかむ回数が減っている・・・


以前、かむ回数を増やす工夫として以下のようなことを書きました。
⇒免疫機能を低下させる要因を取り除く(自律神経バランス)
 ・かたい食材を取り入れる
 ・食材を大きめに切る
 ・食物繊維の多いモノを選ぶ

しかし、実際にやってみるとメニューが限られてしまうので、毎日だと続けられませんでした。

そうはいっても、私自身、早食いはよくないと思っていたので、かむ回数を増やす工夫をいろいろ試すことに。

そして、ついに見つけました!



◆かむ回数を増やす工夫とは?
いろいろやってみて今でも続いている方法、それは・・・

「ひと口の量を減らす」

です!

単純なことなんですが、ものぐさな私にはピッタリでした。


ひと口の量を減らすにあたり、ほかの人がどれくらいの量にしているかをチェック。

すると、やせている男性では私の3分の2くらい、女性だとだいたい3分の1!!!

私、食べるのが早いという自覚はありましたが、ひと口の量がこれじゃ・・・

正直、ショックでした。

そこで、ひと口の量を今までの半分になるように意識したんです。

ひと口の量を半分にすると、ひと口あたりのかむ回数が同じでも、1食あたりのかむ回数は2倍になりますからね。

実際、ひと口の量を今までの半分にしても、そんなに違和感はありませんでした。



◆よくかんでゆっくり食べると・・・
もともと、よくかんで食べようと意識したのは、免疫機能を低下させないためでした。

でも、それだけじゃないんです。

東京工業大学で行われた研究によると、よくかんでゆっくり食べた方が食後の消費エネルギーが多いとのことでした。

つまり、よくかんで食べると早食いにくらべて太りにくい

私はこれまで、早食いだとなかなか満腹感が得られず、食べすぎてしまうから太るのだと思っていました。

また、早食いだと消化が追いつかずに吸収しきれないから、同じ量なら早食いの方が太りにくいとも思っていました。

しかし、結果は正反対。

よくかんでゆっくり食べた方が胃腸の血流が増えて、食後の消費エネルギーが増え、太りにくくなるんですね。


よくかんで食べる。

単純なことですが、奥が深いですね。

これからも「ひと口の量を減らす」を続けていきます。


それでは。



乳がんランキング