こんにちは、音羽ひかたです。


先日、ホルモン療法による関節痛をやわらげるためのストレッチをが紹介しました。
⇒ホルモン療法による関節痛をやわらげるために

あれから毎朝やっているので、手の方はかなり改善したようです。


問題は足首


最初は独自の方法で足首のストレッチをしていました。

でも、やっぱりちゃんとした方法でストレッチしないと改善しないよな~

そこで、いろんな本を調べてみて、これはと思うストレッチを試してみました。


本人は足首が痛いと言っていますが、足の指が原因であることもあるようなので、足の指のストレッチも試してみました。


しかし、どれも効果が実感できず・・・


それでも、いろんなストレッチを試したおかげで、足首や足の指が原因ではなく、ふくらはぎが原因なのではないかということがわかりました。


ふくらはぎのストレッチはいろんなものがあります。

どれがいいのか迷ってしまいますが、痛みが出るのは朝起きたとき。

ということは、寝ながらできるものがいいですよね。


その条件で探したものを試してみて、一番よかったストレッチがこちら↓↓↓


ふくらはぎストレッチ



タオル
を使ってやるふくらはぎストレッチです。


やり方は簡単。

①あお向けになって、片方の足を上げる

②上げた足の指の付け根にタオルをかける

③足の指先を反らすようにタオルを引き寄せる



これを左右やるだけ。


回数とか時間とかを指定している本もありますが、「伸びているな」と感じるまでやればいいと思います。


また、ハンドタオルを使うとなっていますが、ハンドタオルではちょっと短いみたい。

妻は、バスタオルを使って、握る場所を調節しながらやるのがいいと言っています。


このストレッチを始めて2週間。

徐々に効果を実感し始めているようです。

朝も、足を引きずるように起きてくることはなくなりました。


足首が痛いと思っていたのに、原因はふくらはぎだったんですね。


同じような症状の方がいらっしゃいましたら、参考にしていただければと思います。


それでは。



乳がんランキング